HOME>Utility>【少子高齢化社会だからこそ求められる】介護の求人事情を徹底調査!

【少子高齢化社会だからこそ求められる】介護の求人事情を徹底調査!

JOB

医療事務と介護事務の違い

医療事務と介護事務、最近ではこの求人を見かけることが多くなりました。この二つの事務の違いを踏まえて、転職や就職活動の参考にしてみましょう。医療事務は、患者対応がメインとなります。受付やカルテの入力などです。介護事務の場合は、利用者の対応や介護職員のシフト管理なども行います。どちらとも、ある程度のパソコンスキルや接客業務を必要とします。医療事務のほうが、給料は多少高めですが、就職のしやすさは介護事務のほうが高いようです。高齢化が進み、介護施設が増えて人手不足が懸念されていることが就職のしやすさの理由のようです。

介護職の魅力も知ろう

履歴書

女性だけでない!男性も活躍できる

介護事務だけが介護の仕事ではありません。ですから、いろんな魅力を知って求人応募を検討してみるといいですよ。介護職というと、女性のイメージが強い人が多いのではないでしょうか。しかし、介護職は男性の力も多く必要としています。介護は、入浴時やベッドから車いすへ体を移動させるときの補助など、意外と体力を使います。そのため、体力のある男性の介入も期待されているのです。

シニアの方々と仲良くなれる

多くの高齢者の方々と接し、仲良くなれるのは介護職ならではの利点です。穏やかな人やユーモアのある人、少し気難しい人や物静かな人など色々な高齢者がいます。様々な人の考えや価値観、優しさに触れるのはあなたにとって、とてもいい経験になるでしょう。

アルバイトやパートでも働ける

介護職は、未経験で資格を持っていなくても働ける介護施設があります。夜勤や日勤だけというように、意外と融通が利く職場もあるのでオススメです。