医師関係で働きたいのであれば

最近では、非常勤と呼ばれるパートやバイトの医師関係の求人が増えています。「歯医者や医師、看護師で本当にバイトがあるの?」と疑問の人も多いと思いますが、求人サイトを見てみると多くの募集が行われていることがわかります。非常勤医師として働くことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

医師関係のバイトで働くメリット

女医

自分の予定に合わせて働くことができる

常勤と違い、勤務時間やシフトが決まっているので、自らの予定に合わせて働くことができます。子どもがいる方や扶養範囲内で働きたい人に、オススメです。

掛け持ちができる

高いスキルを身に付けたい人や、いくつかの歯科で多くの知識を得たい人は掛け持ちをすることもできます。常勤だと掛け持ちはできないので、短時間勤務でいくつかの歯科で色々なことを学べるのも非常勤バイトのメリットです。まずは、慣れるまで今のバイトと掛け持ちながら続けることもできるので、転職を考えている人の最初の一歩にオススメです。

余裕を持って治療を行える

非常勤の場合、あまり難しい治療を任されることや、多くの人数の患者さんを一人で任されることはありません。そのため、一人の患者さんの治療に専念して行えるので、心の余裕も生まれて実力アップにも繋がります。まずは、基本的なスキルや歯科医師の経験を積みたい人は、非常勤バイトから始めてみるといいかもしれません。

正社員(常勤)へ登用される可能性あり

歯科によっては、非常勤のバイトやパートから始めて、正社員登用を目指せるところもあります。正社員登用制度があるかは、求人欄か面接の際に確認してみましょう。非常勤で始めてみて、環境がよく、この仕事を続けたい!と感じたら、正社員を目指してみてもいいですね。

【歯科医師へ転職】歯科医師になるために確認しておくべきこと

医者

歯科医師と歯医者は同じ?

子どもの頃は苦手だった歯医者さん。しかし、大人になるとそのありがたみがすごくわかりますよね。しかし、歯医者さんと歯科医師、この二つに違いはあるのでしょうか。この二つは、呼び名が違うだけで意味は同じです。どちらかというと、歯科医師が正式名称となっています。ですが、歯科医師は「医師」とついているものの、外科や内科のお医者さんとは学んでいる専門知識も教育内容も違うので、お仕事を探す場合は注意しましょう。歯科医師になりたい人は、教育を受けているのでわかるでしょうが、基本を間違えて覚えないことも大事です。

歯科医師になるために必要な資格など

  • 大学などでの6年の教育
  • 歯科医師国家試験合格
  • 国家試験合格後、1年以上の臨床研修

薬剤師の求人から転職